一般社団法人 東京都外国人就労認定機構

会社法人等番号:0100-05-026496  当法人の成立年月日:平成29年3月1日

目的

当法人は、就労、研修、留学、移住、観光等により日本を訪れ、又は訪れようとする外国人に対して、日本の法律、文化、道徳、倫理、慣行等の価値観・ルールを習得、共有させるとともに、外国人を受け入れ又はもてなす側の環境や体制を整備することにより、日本社会の安寧秩序の維持に寄与しつつ、日本における外国人の活躍を支援し、もって日本経済の発展、日本の価値観・ルールの国際的普及、及び日本のブランド力向上等に貢献することを目的とし、その目的に資するため次の事業を行う。

  1. 外国人、外国人を雇用、研修、留学、ボランティア等で受け入れる者(行政機関を含む。以下「受容者」という。)、及び外国人に対してサービス等を提供する者その他外国人に関連する業務を行う者(行政機関、各国出先機関を含む。以下「外国人関連業務者」といい、「外国人」、「受容者」と三者併せて「外国人等」という。)に関する調査研究事業
  2. 外国人等に対する教育及び研修、並びに知識修得に関する認定事業
  3. 外国人に対する出入国、就労、起業、研修、留学、生活、観光等の支援事業
  4. 受容者、外国人関連業務者に対する講師派遣、その他の支援事業
  5. 本条各号記載の事業に関する講師の教育、育成事業
  6. 本条各号記載の事業に関する広告(広告代理を含む)、宣伝、啓蒙、イベント開催等の事業
  7. 本条各号記載の事業その他外国人等関連に関する物品及びデータの販売、輸出入事業
  8. 本条各号記載の事業その他外国人等関連に関する図書等の発行、web配信その他の手段による情報提供事業
  9. その他前各号の事業に付帯、関連し、又は当法人の目的を達成するために必要な一切の事業

外国人雇用管理士 試験概要

[外国人雇用管理士 公式テキスト] 
出版社:ぱる出版(令和元年10月24日発売)

試験範囲概要

1.外国籍就労者の募集および採用
2.外国籍就労者の労働条件
3.外国籍就労者の安全衛生
4.外国籍就労者の社会保障
5.適切な人事と福利厚生
6.在留資格の種類
7.労働契約の終了
8.外国籍就労者の不法就労
9.異文化理解

[外国人雇用管理士とは?]
人材確保が困難になりつつある日本において、外国籍就労者の確保が重要課題になっている。
しかし、外国籍就労者の雇用手順や社会保険手続について知らない人事担当者や企業が大半である。
外国人雇用管理士は、新在留資格制度を活用する重要なポイントを習得し、必要な知識やノウハウを習得する民間資格である。

[受験対象者]
1. 外国籍就労者雇用を行う企業の人事・総務担当者・経営者
2. 送出機関、管理団体、登録支援機関の担当者
3. 外国籍就労者支援を行う行政書士、弁護士、社労士
4. 外国籍就労者を扱う人材紹介・人材派遣企業


[合格メリット]
1. 外国籍就労者の採用方法の習得
2. 外国籍就労者の離職率低下対策の一環
3. 最新の入管法やトラブル集などのメルマガ購読(1回/月)
4. 外国人雇用管理士向けセミナーへの参加(3回/年)